マイホームを建てて老後対策研究会愛知支部

人生の一番大きな買い物と言えば、マイホームの購入ではないでしょうか。

老後に必要な資産

金額が大きいので、キャッシュで買える人は稀であり、大半は住宅ローンを利用して購入するのです。
家庭を持ったら~憧れの的的な存在であるだけでなく、老後に必要な資産として重要な意味を持っています。
しかし、マイホームを購入する時は、後先のライフプランを考えて購入しないと、ローンの支払いなどに追われてしまい生活がきつくなるとFP(ファイナンシャル・プランナー)がよく言います

良くある失敗ケース

主人の収入が年齢の経過とともに上がることを見込んでローンを組むこと。
時代が変わり、年数の経過とともに収入が必ず上がる時代ではなくなりましし、会社の業績も景況感により変わってきますので、業績が悪くなれば、ボーナスが全く出なくなることも有り得る

家族計画

その上、子どもが生まれると教育費の支出が嵩みその結果として家計が圧迫し住宅ローンが支払えなくなることも多い
だから家を購入する時は、ライフプランや資金面などを計画的にプランを建てないと、後で大変になりますとわかってないFPが言いますが、実際はそんなことは稀です

安全性の高い資金運用

日本における住宅ローンのデフォルト(払えなくなった)率は金融機関が貸し出す資金の中で常に最低です。
もっとも安全性の高い資金運用だからこそ、こんなに金利が安いのです。
資金面や収入面などが充分でなければ、購入するのはそれが整ってから購入するのが賢明とか言うFPも何もわかってないですね。遅くなればなるほど、買えなくなってきます。

世間で言われているマイホーム購入にまつわるお金の話は間違っていることばかりです。
ここでは、私が好きな木の家をマイホームで手に入れるお金の話を書いていきます

PR|
Good Rush
無料ディレクトリ登録